2012年10月23日火曜日

Yairi Guitar

お久しぶりです。
井上です。
今回は、もう書かずにはいれないことがあったので久々にブログにしてみました。
書きたいことの量を考えるとブログでもないと無理というのもいろいろあって、普段全然書かないくせにブログあって良かったと思っています。

さていきなりですが、今回はギターのお話。
縁があってYairi Guitarさんと最近いろいろと交流をさせてもらってます。
Yairi Guitar:http://www.yairi.co.jp/home.html

国内を代表する有名なギターブランドなので、既にご存知の方もたくさんいると思いますし、HP見ていただくと尚更よくわかるのですが、アコースティックギターを中心にウクレレからブズーキーなどの民族楽器までほんとにいろんな楽器を作っておられるとても素敵な会社です。

僕はカナダで買った400ドルくらいのと15000円くらいのすごい昔のオンボロの国内物のアコースティックギターしか持ってないのですが、さすがにYairiギターの名前は知っていて、いつかそのうち弾いてみたいという思いは常々持っていたのですが、これまでにあまり弾ける機会や接点もなくという感じでした。

それがおそらくPredawnを通して知ってくださったYairi Guitarの満田さんがYellow Yesterdayの名古屋での公演をした時にライブを見に来てくださっていて、いろいろとお話をして工場に遊びに行かせてもらえるようになりました。
その日のリハーサル終わりに既に工場行きたいと思っていたのですが、それから数週間後くらいの時間が出来た時に上田さん(Rufus)と2人で工場に遊びに行かせてもらい、ギター製造の過程を見せてもらったり、カスタムビルドの出来たばかりのギターを触らせてもらったり、数十本のギターが置いてある部屋で試し弾きをさせてもらったりと本当にいろいろとお世話になりました。
ちなみに無料で工場見学もされています。

(写真がそのときの模様)












こんな機会もなかなかないので、そこで5時間くらい延々とギターだけじゃなく面白そうな音が鳴りそうな楽器をほとんど弾かせていただいて、かなり迷惑なことだと思うのですが、嫌な顔もせずに丁寧にそのギターごとの特性だったり、音についてのお話をたくさんしていただいて本当に楽しませていただきました。

それで、しばらく前に僕の好きなアーティスト周辺の人々がこぞってクラシックギター弾いていることに気がついて、クラシックギターにすごく興味があるという相談をしていて、ありがたいことに弾かせていただいた中から1本ギターを貸していただけることになり、調整をしていただいて後日家まで送っていただきました。

(それでお借りしているのがこのギター)

 先日のPrintzでのライブの時にも数曲で使わせてもらったのですが、ラインを通しても自分が思っている音の感じが鳴ってくれるギターで、家ではほとんどこればかり弾いています。
近々レコーディングする新曲でも使います。

(ちなみにそのアーティスト周辺の1人がRyan Driverという人)


 そして、その中でYairi GuitarとBeginが共同で作られた一五一会という楽器があり、僕は昔に何かでドキュメンタリーを見たことがあって興味があったので初めてその時に一五一会も弾かせてもらいました。

一五一会:http://www.yairi.co.jp/fmc/index.html
 
いくつか一五一会にも種類があるのですが、その中の音来(ニライ)という楽器が個人的にとても面白い音がして、人によって抱くイメージは全然違うかと思うのですが、その独特のチューニング方法も相まって、鳴る音が僕には1920年代の戦前ブルースの音ように聞こえてすごく面白かったので、すぐに夢中になりました。

(頭に浮かんだこういう音のイメージ)


それでなんでなんだろうとずっと思っていたらcigar box guitarというのがあって、僕はNorth Mississippi All Starsのライブを見たときに、今までに見たことのなかったその変テコな楽器を弾いているのをたまたま見れたことがあって、改めて調べてみたら、こっちはもうエレキなので音は全然違うんですが似ている部分がいくつかあるんだなと思ったのです。

(それを弾いているところがこれ)


 (こんな人もいるんですね。)


これは自分の中で繋がった部分なので、大した話ではないんですが僕にとってはなるほど合点してしまうところだったのです。

話が変なところにいったので戻すと、その時に音来にあまりに感激していて、夢中で弾きまくっていて普通にこれそのうち買おうと思っていたら、後日連絡があり、特別にデザインなどをした音来を作ってくれることになったのです。

感動。

そして、僕はすぐにアルバムジャケットなどいろいろデザインしてもらっている有本匡志に連絡して、その旨を話してデザインなどを考えてもらい、そのデザインが出来てすぐに満田さんに送らせてもらうと、それからなんと数週間後にそのデザインがされた音来が完成してしまったのです。

(その音来がこちら)



しかもなんとこれにはピックアップまでついていて、ライブでも使える用になっているのです。
 初めての工場見学を経て、得たものが想像していたことよりも本当にたくさんあり、Yairi Guitarさんへはもうなんというか本当に感謝というか感動というか。

言葉にならないのですが、この楽器を使って新しい何かが見つかればと思いつつ、とりあえず楽器を理解しないとと楽しんで弾いている日々なのです。

(最後にこちらも影響を受けたEric Chenaux)


 イノウエ ヨウスケ

2012年8月26日日曜日

森森盛り沢山



 
三田アスレチックで開催されたOne Music Camp 2012から一夜明けて、何もない休日を家でのんびり過ごしています。
 
リリースツアーの最後のブログを書こうと思っていたはずなのに8月は何だか忙しくて、あれよあれよと言う間に1ヶ月以上が経ってしまいました。
 
その間にも色んなことがあったので、この際一気にゴチャゴチャと書いてみようと思います。写真いっぱいなのでサラーッと。
 
お時間あればお付き合い下さいませ。


 
昨日は緑に囲まれたステージでの演奏に酔いしれて、リハではなかった曲前の繋ぎのようなものまで即興で飛び出して、本当に楽しく気持ちよく演奏させていただきました。
 
ライブ終わったら皆でBBQしたりして何しに行ってたのかよくわからない一日でした笑
炭の段取りとかはよーちゃんが一番詳しくて彼の新たな一面を垣間見ました。
 
山で困ったことがあったらまずはボーイスカウト井上さんへ◎
 
 
さて、ここからはずっと書きたかったYellow Yesterdayリリースツアーファイナルのことを。
 


COMEBACK MY DAUGHTERSの皆さんは、初めて会った時から本当に気さくで気持ちの良い人達ばかりで、今回も楽屋で色んな楽しい話を聞かせていただきました。

あんな風に大人になりたい。

 
タカモトさんとよーちゃんはM.Wardのチューニングについてとか、何やらマニアックな話をしていたみたいです。
 
ライブ中にタカモトさんから、「たまに会うから良いけど、しょっちゅう一緒にやるのは面倒くさいね。笑」て言われてましたね笑 
 

サインと称して落書き。


これは一体どちらの手に?


撮影して下さっていたタカムラさんとフィルムズ君。


ライブかっこよすぎ。
お客さんのモッシュを目の当たりにしてあぁ、楽しいってこういうことなんだなと実感しました。

 
変わりなく最高にクールだったPredawnミワコリーヌさん。



素敵な組み合わせだなぁ。

 
良い感じに酔ってる人達。
 


大好きな人達とツアーを締めくくれてめちゃくちゃ幸せでした。

各地で出演して下さったアーティストも、本当にみんなみんな素晴らしくて、すごく内容の濃いツアーになりました。

遊びに来て下さった方、楽しいツアーを一緒に作って下さった皆さまに心から感謝です。

ありがとうございました!!



ツアーが終わって一段落したら、ミュージックビデオ”Toy Camera”の制作スタッフと、延期しまくってた完成おめでとう&ついでにリリースツアーお疲れさま打ち上げをしました。
 
ここには書けそうもない本当にお下劣な遊びも飛び出してヒドいもんでしたが、何年か後にみんなで話してアホなことしたなぁと大笑いできそうな良い思い出ができました。
 
たまにはロックバンドぽいのも良いのかもしれませんね笑

 
 
そしてそしてフジロックに遊びに行ってきました。人生初。
 
 
足凍りそうなほど水が冷たくて気持ち良い。最高の景色と音楽で良い時間。
 
素敵なバンド盛り沢山だったけど、特にM.Wardは演奏も見せ方も最高に素敵で、心の中でうわー!うわー!うわーーー!てなりながら見てました。
声も出てたけど笑
 
THE SPECIALSも良かったな~。MY FIRST TIME I MET THE BLUESで号泣させられたBUDDY GUYを一目見れたのも感動だったな。
 
あと当たり前かもしれないけど、出演してるドラマーが本当にみんな魅力的でそれにずっと浸っていられるだけでも、とても貴重な時間でした。



 
麦わら浮かれシャチョー。
 

 
んでもって京都METOROにて今年の春にやった11人編成ワンマンを収録したDVD、”Live at Taku Taku”のリリースパーティー。
 

 
夏の夜に涼しげな優しい風を吹き込むような音がとても心地よかったWATER WATER CAMELとのツーマンでした。
 

 
最近お馴染みになってきてるシスターテイルのリッキーさんが手伝ってくれました。
 

 
ハル君カッコいいね。
 

 
ファンキーなタニと後ろの猫耳オサナイさんとの奇跡の一枚。
 

 
どんどん行きます。8月14日はフレデリックVol.6.5「井上陽介三十路誕生祭」。
 

 
 
この日のために結成されたスーパー付け焼刃グループ、Turntable Filmsとヒズコメッツによる『ロック名曲カバーバンド』。
 
【set list】
Buggls                       -         Video Killed The Radio Star (Vo, Shuhei Ueda.)
BECK                         -         Sex Laws (Vo, Yosuke Inoue.)
Primal Scream           -         Rocks (Vo, Kento Tani.)
Mayer Hawthorne      -         Just Ain't Gonna Work Out (Vo, Yosuke Inoue.)
Flaming Lips              -         Race For The Prize (Vo, Shuhei Ueda.)
THE SPECIALS           -         Monkey Man (Vo, Mogura.)
 

 
ウエダさんカッコよすぎ笑 Flaming Lipsは本当ピッタリだったな~。
 

 
めでたしめでたし。
 

 
何だったか思い出せないけどタンテの曲をよーちゃんと一緒にハモルゆーきゃんさん。
 

 
ウソ泣きがすぐバレるよーちゃん笑
 


おめでとう、よーちゃん。
 
 
セカンドロイヤルショップにてまたまたライブDVD完成パーティー。
手前のお二人はオシャレ男女達が集うリア充パーティーを想像してドキドキしながら来られたそうです笑
蓋開けてみたら本当にこじんまりとしたささやかなものでした。
 
 
この日はメンバー3人でDJをするという企画でしたが、僕はただひたすら好きな曲を流していただけでした。
2人の選曲はとても素敵だったし、ちゃんとDJでした笑
オサナイさんに目の前でテクニックを見せてもらえたのが感動だったな~。めちゃかっこよかった。
 
ちなみに上の写真はイベントが終わってお客さんが帰ってもあぁだこうだとターンテーブルから離れられないの図。
本当にこの人達は音楽が大好きでしょうがないんだなぁと改めて思った夜でしたとさ。
 
 
さてさてダラダラ書いてきましたが、全て出し切ったのでこの辺で終わりにしたいと思います。
 
最後まで読んで下さってありがとうございました。
 
次回ライブは8月31日、渋谷O-CRESTにて、アナ presents"PATROL VOL.8 ~夏休み非行おじさん一斉取締り2012~"に。(http://www.turntablefilms.com/live/)
そして同日23時からは代官山UNITにてCLUB SNOOZERに出演させていただきます。(http://www.clubsnoozer.com/)
 
どちらも素敵な夜になると思いますので是非遊びに来て下さいね◎
 
ではまた会場で会いましょー!
 
 
 
タムラナツキ
 
 





2012年7月16日月曜日

ほどけた靴紐



リリースツアー中は続けて書こうと決めてなんとか頑張ってきた週末ライブ日記も残すところあと僅か。
ファイナル終わってちゃんと書き終えたら自分を褒めてやりたい。そして誰かに褒めてほしい。オサナイさん辺りにアピってみようと思います。

そんな歪んだ僕の欲求はさておきライブのことを。
今回はQUATTROと一緒に京都sole cafeにて最近楽しくて仕方ないアコースティックセットでした。


 見よ、このやる気のない顔を笑


 暑さに負けずリハ開始。


夏と野外とアコギとマンドリンって良いですね。こんなバンドできてつくづく幸せですよ。ほんと。泣。


灼熱の盆地と梅雨のじめじめも吹き飛ばす爽やかなQUATTROライブ。


よーちゃんも一曲参加。
わきあいあい。
タンテも優しい雰囲気にゆるされてノビノビ演奏させていただきました。
ありがとうございました。



ライブ終わったら祇園祭へ。


金魚を美しいと思えるのは大人になった証だと思う。


今年復活になったという舟鉾がめちゃかっこいい。
最後はかき氷を買ったばかりのズボンにこぼして帰りましたとさ。

ほんに夏らしい一日でした。

さて次回ライブはついにツアーファイナル!
ゲストにCOMEBACK MY DAUGHTERS & Predawn!!!!!
間違いなく楽しい楽しい夜になると思うので是非是非おこしやす!!



2012-7-22 (sun)

~Yellow Yesterday Tour 2012~

東京
会場:新宿MARZ (03-3202-8248)
Guest: COMEBACK MY DAUGHTERS/Predawn
OPEN 18:00 / START 18:30
前売 2,300円 / 当日 2,800円(共にドリンク代別)
お問い合わせ:03-3444-6751 (SMASH) 制作協力:SMASH CORPORATION
チケット発売日:2012年5月12日(土)
ぴあ (P:169-391) / ローソン (L:76927) / e+ (Pre: 4/28-5/6) / 岩盤
※レーベル先行メール予約(5/3まで)→ ticket@secondroyal.com にて受け付けます。
公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。