2011年5月29日日曜日

Carry Me

ひっさしぶりにブログを更新します。
皆さんお元気ですか?谷です。
さて先日の井上さんのブログであったように現在Turntable Filmsはずーっとレコーディング中。昨日もがっつりレコーディングでした。
こんなん自分らで言うのもあれなんですが、出来上がるのがすごい楽しみで仕方ないです。音源には最近ライヴでやってるあんな曲やこんな曲、えっそんな事もしちゃうの?っていう曲も入る予定なので楽しみにしていてください。

さてレコーディングの合間の僕の近況ですが、最近久しぶりにからくりサーカスを読み直しました。
皆さん知ってますか?
うしおととらの作者の人(藤田和日郎)が書いてる漫画で、僕がベース始めるきっかけになったといってもいいくらい感動した漫画です。

以下wikipediaからのあらすじ。
200年前に起こった悲劇を因縁として巻き起こる、自分の意思を持ち人間に害をなす「自動人形(オートマータ)」と、操り人形を武器にオートマータを破壊することを使命とする人形破壊者「しろがね」との戦いと、それに巻き込まれ、数奇な運命をたどることになる3人の主人公達の繰り広げる物語である。」

全43巻。長い!んですがこれがいいんですよほんま。1巻から読んでないと全く話がわからないような作りなんですが、読む価値はあります。
この人の漫画も絵にクセが強くて、ジョジョみたいに食わず嫌いしている人が多いみたいなんですが、それは間違いです。人生損してます。
今すぐ二日くらい休みを作ってください。ほんで一気にこの漫画を読んでください。人生変わります。グッと来ます。





●さてさて、今日はこんなB級な推薦文を書く為に今回のブログを書いたわけではないんです。
今日のメイントピックは5/31のTim Eastonの来日ツアーについて!!なのです。
もう明後日の話なんですが、京都の磔磔にてライヴがあります。


知らない人の為に以下バイオグラフィー
ティム・イーストン: 故郷オハイオ州でのバンド活動を経て1998年にソロ・デビュー。
2009年リリースの『Porcupine』まで計5枚のアルバムを発表。
そのソング・ライティングの才は当初から注目され、ルシンダ・ウィリアムス、マイク・キャンベル(Tom Petty)、ジム・ケルトナー、Wilcoのメンバー達、元Jayhowksの面々など、 錚々たる面子がこぞってティムの作品に参加していることからもうかがい知れる通り、ミュージシャンからの評価もすこぶる高い。
優れたライヴ・パフォーマーとしても定評があり、時にはソロで時にはバンドで米国&ヨーロッパのサーキットを精力的に回り、温かみのあるハスキーなヴォーカルと卓越したギター・テクニックで各地でファンを魅了している。
現在はカリフォルニア州ジョシュア・トゥリーに居を構え、ツアーの合間には絵を描くなどして過ごし、最近では頻繁に個展が開催されるほどにそちらの才能にも注目が集まってきている。
2011年春には2枚のアルバムをリリース予定(1枚はバンド・アルバム、もう1枚はアコースティック・アルバム)で、今回の再来日はそれらを携えてのツアーとなる。


ほんでこれが井上さんからの紹介文
***
Tim Eastonは現代のBob Dylanである。
と書くとめちゃくちゃウソっぽいなぁと自分でも思うのですが、僕にとってはそれくらいのヒーローという意味で最大限の尊敬を込めた言葉です。
彼自身は違うって言いそうだし、音楽史の中でも名を残す指折りのアーティストでもあるBob Dylanの名前を出すのは、アーティストにとって悪い意味でしか働かないと思うのですが。
でも僕の棚ではTim EastonはBob Dylanと同じ場所に置いてあるのだから、そう言いたい!気持ちがあります。
僕が彼を知ったのはオルタナ・カントリーと括られる音楽を聴き漁っていた大学生の頃。
大好きなWILCOのメンバーが参加しているという理由だけで買った『The Truth About Us』というアルバムを初めて聞いた時、自分が求めていた音楽が聴けるあの感動があったのです。
(自分が好きになるアルバムって10秒くらい聞けば、これ絶対好きだなってわかることありませんか?)
その衝撃の感動はあったものの、でもアメリカに行かない限りライブを見ることは一生叶わないんだろうなと思っていたのです。
それが京都で!磔磔で!しかも自分が前座も出来るなんて本当に夢のような話で!!
と、まぁ僕の夢はどうでもいいので、とりあえず置いといて。
とにかく良いアーティストを見つけた時、この人めちゃくちゃ良いから絶対聴いた方が良いよ!と友達に言う。
そういうことがしたくなる素晴らしいアーティストなのです。
ということでみなさんぜひ。

Turntable Films (井上陽介)


というわけなんです。
実はTimは2年くらい前にも来日してて、その時もTurntable Filmsで前座をさせてもらってたんですが、人柄から音楽までほんと超超よかったです。


まさにTurntable Filmsのルーツ!と言ってもいいような良質なアメリカーナミュージックなので、平日で皆さん忙しいだろうとは思うんですが、どうか来てくれたらなーって思うんです。
当日は僕と乙女ドラマー田村くんもTimと一緒に演奏したりもあったりなかったり!!ということで以下がライヴの詳細です。


*
5/31(tue)
Tim Easton Japan Tour 2011 〜cafe goatee presents〜
@ 京都 磔磔
Tim Easton / Turntable Films / カルマセーキ
open 18:00 / start 18:30
前売 \3,000 / 当日 \3,500 (要ドリンクオーダー)
予約&問合せ: takutaku@geisya.or.jp
その他公演など、詳しくはcafe goatee HPまで:http://www.cafegoatee.com

※Turntable Filmsのメール予約でも受け付けています。
メール予約:turntablefilms@gmail.com

ということで楽しみですとても。
ほんで願わくばいろんな人が見てくれたらいいなぁと思ってます。
そんなこんなで、皆さんご来場お待ちしております。。。

タニケント


2011年5月7日土曜日

レシピ その1


こんばんは。
みなさん、こんばんはTurntable Filmsというバンドでギターを弾いている井上です。
このブログに書き込むのが約5ヶ月ぶり。 食物ならとっくに腐ってるぶりです。
あらためましてこんばんは。

いやーホント全然書かなかったわーという話からするのも、もう面倒なので飛ばして何もなかったように最近のお話します。

僕が最後に書いた『10DAYS~』のツアー終って、2011年を迎えて、コレまで何をしてたのかというと。
ライブと。。新作のデモを作ったり、自分のソロのんは作ったのはいつだったけ。。んで多分他にも何かあったかと思うのですが。
ぼんやり新作のレコーディングし始めたのが大体3月頃、んでまたライブしたり、アレンジ固めにスタジオ入ったりもあってやな、んで春頃にドラムとかベース録音して、今は概ねギターとか録ったりしてるというのが現在です。

そう!

ボンヤリ!!


日記とか七面倒くさいことなんてやっていない(出来ない)僕は、半年前のことを思い出すこともままならない。
それほど濃厚で不毛な日々を送っているのです。
もう蜃気楼!

ということで、もう企画するしかないなと。 
ブログ書くことを。
思い出作りのために。 
『井上 レコーディング日記』という風にやろうと。
んで子供が出来たら読ませたいなと思っているんです。

日記とかいっても、日にちとか書くの絶対無理だと思いますが、不定期にアルバムが完成してから発売するまでの間にそういうのをやろうと。やりたいなと。
と、ぼく考えたのです。

んで、どんな風に楽器をレコーディングしたとか、こんなんだったよーとか写真とか載せたり。
どんなご飯を食べて、どんな服でデートして、どんな風に2人で観覧車に乗ったとか。
そういうことを残していこうと。
そういうのやります。

でも! 多分それ始めるの、夏終わりくらい? になると思います。
最近はその思い出の写真などを残したりしているので、録音終ったら間違いなくtwitterで 『終った。』と書くと思うのでそれがスタートライン。
そこで、お、始めるんですね!と思っていただけたら光栄です。嬉しいです。もうそれだけで満足です。

という前フリをして今日は終わりにしようと思います。
それまでに多分またなんか書きます。

ついでにバンドメンバーのみんなのアカウントも載せます。
よろしくどうぞ。

ギター井上 - TurntableFilms
べスー谷  - kentani11tf
キボドーのんこ - none1221  
ドラム 田村夏季 - tamura_natsuki


さて、ここで改めてみなさんに伝えたいことは。

本当にライブに来てくれてありがとうございます。
ということと。
今、むちゃくちゃ良いアルバム作っているので待ってて!
ということです。

僕も何かと煩悩に負けじと日々がんばりますので、みなさんもお幸せに。

ではまたライブで会いましょう。

次は5/21に名古屋です。

イノウエヨウスケ


・今年のベストに絶対入る TIMBER TIMBRE -Creep On Creepin' Onの収録曲”Woman”のPV。
映像も音楽もサイケでめちゃくちゃかっこいい。


TIMBER TIMBRE - Woman